低価格なのに高精度。これが現在の台湾製マシニングセンターの実力です。台湾の工作機械市場は世界第四位(一位アメリカ、二位ドイツ、三位日本)世界各国で台湾製の工作機械が高い実力を発揮しています。

コントローラーやサーボモータは日本製ブランドのFANUCを装備しており万が一のトラブルでも部品を日本から調達できるので安心です。

もちろん機械が低価格であっても加工精度も伴わなければ全く意味がありません。その点においても国産機と同等の精度を保証しています。(繰返し停止位置精度5μ)

弊社が取り扱っているEQUIPTOP社は主にEU、北米に輸出しています。EUでは主に航空産業で、北米では主に自動車産業にて使用されています。

JIMTOF2018に実機を出展しますので弊社ブースまで是非お立ち寄りください。

 

マシニングセンタEMV-600スペック (EQUIPTOP社製)

台湾製マシニングセンターEMV600

項  目

詳  細

X軸移動量610mm
Y軸移動量460mm
Z軸移動量480mm
テーブルサイズW700xD450
テーブル許容荷重300kg
主軸最高回転数12000rpm
主軸モーターFanuc 5.5kw
主軸テーパーBT40
ATCマガジン数24本
最大重量3kg
コントローラーFANUC 0i-MF
リニアガイドREXROTH(ドイツ製)
電源15KVA
機械質量4000kg
フロアスペースW3350xD2470xH2500
繰返し停止位置精度
参考機械本体価格720万円

 

導入事例

静岡県の専用機メーカー様への導入事例

低価格な台湾製マシニングセンター

2016年に2台導入させて頂きました。

1台はハイコラム仕様です。(+200mm、Zストロークは同じ)

主に、専用機制作に必要な金属部品加工に使用されています。 また木型を製作できるようハイコラム仕様を選択されています。

イタリア製マーポス社の自動工具径、工具長測定機能付きですので、ツールチェンジした場合でも測定作業が不要なので、短時間かつ高精度な加工に繋がります。

 

愛知県の専用機メーカー様へ3台の導入事例

低価格マシニングセンターEMV-860

機械向け部品加工に使われているEMV-860

合計3台をご使用頂いています

BT50番の大型機EMV-1400、EMV-860、EMV-600の3台をご導入頂いています。大物ワークから小物ワークまで一貫した加工が可能です。

 

様々なオプションを選択可能

項目詳細
コントローラFANUC、三菱、シーメンスから選択
主軸最高回転数8000、10000、12000、16000から選択
ボールネジHiwin、NSKから選択可能
リニアガイドRexroth、THK、Hiwin
スケール二リアスケール搭載可能。(フィードバック制御)
クーラントシャワー標準搭載。(取り外し可能)
BBT主軸選択可能
チップコンベア標準搭載
ロータリーテーブル搭載可能

 

JIMTOF2016出展の様子

JIMTOF2016マシニングセンター出展機

JIMTOF2016に出展しました。

 

お問合せ

台湾製工作機械は、機械導入コストの低さと加工精度の高さで貴社の利益拡大に貢献します。

精度を維持して加工コストを下げる、精度を高めて機械導入コストを抑えるには台湾製マシニングセンタがBESTな選択です。

マシニングセンタ導入の際はお気軽にお問合せ下さい。

>>>お問合せページ

 

 

関連情報