刻印機の打刻部

全自動ドット刻印機 機械仕様

  • 刻印機:ベクトル製
  • ワーク投入:ロボット及び作業者のどちらにも対応
  • ワーク搬出:自動搬出
  • 刻印幅:約3mm
  • 刻印内容:文字、記号、QRコードなど

対象ワークに文字や記号、QRコードなどを打刻する機会です。

CCリンク、キーエンスのDT100等を使ってネットワークにて打刻内容を管理する事ができます。

ワーク毎に個別の固有番号を打刻する事もでき、検査データと紐付けて後追いする事も可能です。

ドット刻印機の特徴

特徴1. ワーク投入は2通り

ロボット搬送によるワークセット、単動機として作業者がセットする場合の2通りが可能な仕様です。

特徴2. ワークは自動払出し

記号を打刻されたワークは自動でコンベアへ払出され次のワーク投入可能な状態にします。ロボット導入の場合、ロボット作業範囲に立ち入る事なくワークを確認できます。

 

ドット刻印部の詳細

ドット刻印機の打刻文字

 

上写真の場合は、文字高さ3mmにて設定していますが、2mmも可能です。更にフォントを拡大し、QRコードを刻印する事も可能です。 専用ソフトを使用してPC上で簡単に設定する事ができます。

払出は、短軸ロボットにて自動で払い出されます。

 


設備動画をご覧ください。

 

 

関連情報